shrimp

エビです!

こちらは、エビのタルタルになります。
アツアツの鉄板でエビを焼いて、手作りのタルタルソースをかけました。

shrimp

エビって英語で「shrimp」だそうですが、そういえばロブスターと聞いたことがありますよね・・・
ロブスターは「lobster」で、イセエビ全般を意味するそうです。
なんと他にも「prawn」という単語があって、小エビだそうですね。

そういえば、日本語では「エビ」と表記することが多く、漢字で「海老」とあまり書かないですね。
そこで調べてみました!

実は、「エビ」の語源は「葡萄(ぶどう)」だそうです。
日本では昔からブドウ類をエビヅルまたは、エビカズラと呼び、熟した果実実や汁の濃い赤紫色をエビ色と呼んでいたそうです。
「エビ」を熱すると、葡萄の色に似てくることから、「エビ」の事も「葡萄」と呼ぶようになったんだそうです。
さらに、「エビ」は腰が曲がって髭が長いので、お年寄りに似ていることから、「海の老人」、つまり「海老」と書くようになったそうです。

なお、(あまり大きな声でいえませんが・・・)尿酸値が高い方は、少し抵抗があるかもしれませんが、ときどきつまむ程度であれば・・・