lion

ライオンの夢

もうすぐ大晦日ですね。
2018年度は「戌年」(いぬどし)です、年賀状の準備はいかがでしょうか?

ちなみに、2017年の干支は、酉(鶏)でしたね。
当店では、あまり鶏肉を扱っておりませんので、チキンで盛り上げることはできませんでしたが・・・
(ノД`)シクシク
店舗さんによっては、チキンでイベントも開催したそうですね!

さて、話は変わるのですが、エビのタルタルのメニューでご紹介させていただきましたが、「エビ」は漢字で「海老」と書きます。
海の老人ですね。。。
海の老人といえば、アメリカの作家アーネスト・ヘミングウェイ氏の『老人と海』を思い出します。
助手なしの一人でメキシコ湾の沖に出たキューバのサンチャゴがせっかく捕らえた大物のカジキを仕留めましたが、鮫に食い尽くされ、巨大な骸骨になってしまいましたね。
でもその骨をみた漁師仲間はサンチャゴも仕留めたカジキが大物であることに気づきましたね。
サンチャゴが港に戻り、小屋の古新聞紙の上で寝ていたときに「ライオン」の夢を見ました。

lion

あれだけ舟の上で「少年がいたらなぁ」と独り言を言っていたのに、その時見た夢が「ライオン」だったのが意外でもありました。
きっと海という野原をひとり勇ましく駆けたからなんでしょうかね。

さて、夢といえばもうすぐ初夢ですよね。
1富士、2鷹、3茄子・・・がいいそうですが、続きがあって、4扇、5煙草、6座頭とあるそうですよ!
調べてみますと・・・

「富士」と「扇」はその形が末広がりなので、子孫や商売の反映
「鷹」と「煙草」は(「煙草」の場合はその煙が)上昇して行くので運気上昇
「茄子」と「座頭」は、毛が無い、ことから、怪我が無い

だそうです( ̄ー ̄)

でも、ライオンの夢でも悪くないかも・・・ですね。